マッカーサー像
オーストラリアの慰霊碑
フィリピン兵の像

 連合軍指揮官ダグラス・マッカーサーが上陸した場所。フィリピンを脱出した際に発した “I shall return” の宣言通り、1944年10月20日にレイテ島に上陸し帰還を果たした。この公園では毎年10月20日に記念式典が行われる。


【情報】

所在:パロ, キャンダアグ地区 (Brgy. Candahug, Palo)

座標:11°10’20.4″N 125°00’43.0″E

【 行き方 】

◉ トライシクル・タクシー

 タクロバンやパロ市内からトライシクルやタクシーで直接向かうことができます。
「マッカーサー・ランディングメモリアルパーク」で殆どのドライバーは分かります(現地の人は「マッカーサー」ではなく「マッカーター」と発音しています)

◉ モルティキャブ(ジプニー)+トライシクル

① ダウンタウンにて CAMPITEC行きのモルティキャブに乗車し、BIR(内国歳入庁)の交差点にて下車(10ペソ程度)

② トライシクルに乗り換え、メモリアルパークまで行きます(10ペソ程度)

※2018.12時点の1人あたりの金額です

BIRオフィス
公園の入り口

【そのほか地域慰霊碑巡り】

ご不明な点はコメント欄またはお問合せより。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です