【碑文】

この像は マドンナマリア観音と称し 太平洋戦争の戦場となったフィリピン全島に於いて悲しくも戦火の犠牲となってこの世と別れた 数多くの現地住民および祖国のためにと参戦し散華した総ての国の軍人軍属の御霊に安らかなれと祈念し併せて全世界の平和を願って終戦33年を祈念して日比両国の有志が協翼し鎮魂と平和の象徴としてこの石像を建立したものであります 1977.12.7

訪問日によってはゴミが散乱していたり、雨天時は水たまりがあったりと管理状況が良いとは思えません。


【慰霊碑情報】

発起人:坂本啓子
協賛:タクロバン市民 ,市長オズドゥリヤ・シンコ,日比両国遺族および有志一同

建立日:1977年12月7日

所在:タクロバン,レイテパーク/Leyte park, Tacloban

座標:11°14’39.0″N 125°00’33.4″E


【行き方】

ダウンタウンから徒歩で向かうこともできます。

トライシクルなど交通機関を利用の際は、『マドンナ オブ ジャパン』や敷地隣にある 『TACLOBAN CITY HALL(タクロバン市役所)』と伝えると確実です。
慰霊碑のある敷地へは、市役所の入り口から道路沿いに北へ向かうと左手にあります。

Tacloban City hall/平和記念碑へは右へ進む
平和記念碑敷地前/マドンナオブジャパンへは右へ進む

同じ敷地にある『平和記念碑』と合わせて訪れてみてください。

【そのほか地域慰霊碑巡り】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です