平和記念碑

【碑文】


 この平和記念碑は、第二次世界大戦で母国のために勇敢に戦って戦死した日本とフィリピン両国の軍人、軍属及び戦火によってこの地で尊い生命を失われた全ての人の「御霊を鎮めるとともに永遠の平和を祈念」して建設した。
 また、フィリピンと日本の平和記念公園は、平和を愛する日本とフィリピン両国の相互理解を願い、レイテ住民のいこいの場所として造園した。この事業は、中央政府の理解を得て、東京都遺族連合会が出資して、フィリピン政府観光省、フィリピン観光局、タクロバン市、東京都遺族連合会のプロジェクトによって完成した。 フィリピン共和国関係機関の支援と協力に対して深く感謝の意を表してここに明記する。

敷地ゲートにある碑文「由来」

【慰霊碑情報】


建立者:東京都遺族連合会,フィリピン観光局

建立日:1995年3月29日

所在:タクロバン,レイテパーク/Leyte park, Tacloban

座標:11°14’38.3″N 125°00’33.0″E

↓近づいて見ると落書きが確認できます

【行き方】


 ダウンタウンから徒歩で向かうことができます。

 慰霊碑の建立されている公園までは、トライシクルなど交通機関を利用する場合『マドンナ オブ ジャパン』や隣接する 『TACLOBAN CITY HALL(タクロバン市役所)』と伝えると確実です。慰霊碑のある敷地へは、市役所の正面入口から道路沿いに北へ向かうと左手にあります。

TACLOBAN CITY HALL正面/慰霊碑の公園は右に隣接している
慰霊碑の敷地前通り/奥(北側)に進むとマドンナオブジャパン

入り口の碑文の後ろを通り階段を登ると、正面に慰霊碑があります。

慰霊碑の敷地への入り口
公園敷地内

 「平和之碑」建立の公園と「マドンナ・オブ・ジャパン」(観音像)へ抜ける道もあります。平和記念碑の正面右側にある階段を降りて行き、写真の写真の場所で左へ曲がります。

慰霊碑から望むキャンバト湾
 ご不明な点がありましたら下記コメント欄にお寄せ下さい。日々アップデート致します。

【地域毎の慰霊碑】

● レイテ島

● ルソン島

● セブ島 

【書籍】

「【レイテ】平和記念碑(タクロバン)」への2件のフィードバック

  1. 山上様、ご無沙汰しております。先週レイテ島タクロバンへ到着して、ビリヤバから世界平和慰霊碑を訪問してきました。カンギポット山への登山は諦めましたが、念願の地であった麓の慰霊碑にお参りすることができ、祖父も喜んでいると思っています。山上様の情報は大変参考になりましたし、アドバイス も頂きましたことに感謝申し上げます。その後はタクロバン、パロ市内の慰霊訪問しました。昨日、無事帰国しております。この度は本当にありがとうございました。
    2019年4月15日 永瀬 秀樹

    i

    1. 永瀬 様

      ご連絡ありがとうございます。
      世界平和慰霊公園の碑までの道のりはレイテにある慰霊碑の中でも厳しいもので、断念する方もいらっしゃいます。無事に旅程を終えることが最優先ですが、訪問が難しい土地へ来られ、御祖父様も喜ばれたと思います。
      現地について詳細にお伝えできず、実際に訪れてギャップを感じられたかと思いますが、お役に立てとても嬉しく思います。また、無事に帰国され何よりです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です