1944年

7月 7日 河南作戦実行中に帰還命令
7月16日 第14方面軍への編入が決定する
7月22日 連隊は3梯団に分かれ、蒙疆(内蒙古)の厚和(現:フフホト市)より列車で満支国境を南下
7月28日 釜山に集結し乗船訓練・対潜訓練を実施

8月7日 乗船区分が決定

玉津丸(たまつまる):連隊本部, 歩兵砲隊, 通信中隊, 第2大隊 など
香椎丸(かしいまる):第3大隊, 第1機関銃中隊 など
越海丸(えっかいまる):第1大隊主力, 独立歩兵第11連隊の一部

玉津丸・香椎丸

8月 8日 06:00 釜山港出港/17:00 佐賀県伊万里港へ入港・ヒ71船団と合流
8月10日 05:00 伊万里港出港, 一路マニラへ
8月16日 台風を避けるため台湾澎湖島馬公へ寄港
8月17日 馬公を出発

8月19日 04:50 ルソン島沖にて米潜水艦スペードフィッシュの雷撃により玉津丸撃沈・連隊本部,第2大隊など海没(4,820名のうち4,755名戦死)

ルソン島北部バンギよりルソン沖を望む

8月23日 香椎丸 マニラ入港
8月27日 タルラク州サンミゲルへ進駐・演習


【ヒ71船団の編成】

輸送船(将兵35,000名, 軍属など2,600名)

速吸, 旭東丸, 帝洋丸, あづさ丸, 二洋丸, 第2八紘丸, 瑞鳳丸, 永洋丸, 吉備津丸, 玉津丸, 摩耶山丸, 阿波丸, 帝亜丸, 能代丸, 能登丸, 香椎丸, 日昌丸, 北海丸, 鴨緑丸, 伊良湖

護衛艦艇(*:馬公出発時に編入)

空母1隻:大鷹
駆逐艦3隻:藤波, 夕凪,朝風*
海防艦隻9隻:倉橋, 平戸, 御蔵, 昭南, 第11号海防艦, 択捉*, 松輪*, 佐渡*, 日振*

(:避雷により沈没/:避雷により損傷)


越海丸

8月12日 釜山出港・下関へ寄港し船団編成
8月16日 下関出港:輸送船20数隻, 護衛艦艇8隻
8月22日 台湾高雄へ寄港
8月27日 ルソン島北サンフェルナンドに上陸、陸路で連隊主力へ合流

9月17日 南方軍報道部長 斎藤二郎 大佐が連隊長に着任

海没した連隊本部および第2大隊は、独立歩兵第11,12連隊より抽出された兵により再編成される。

続く…

※ 編集中
※ 誤りなどございましたらお知らせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です