1944年

7月 7日 河南作戦実行中に帰還命令
7月16日 第14方面軍への編入が決定する
7月22日 連隊は3梯団に分かれ、蒙疆(内蒙古)の厚和(現:フフホト市)より列車で満支国境を南下
7月28日 釜山に集結し乗船訓練・対潜訓練を実施

8月7日 乗船区分が決定

玉津丸(たまつまる):連隊本部, 歩兵砲隊, 通信中隊, 第2大隊 など
香椎丸(かしいまる):第3大隊, 第1機関銃中隊 など
越海丸(えっかいまる):第1大隊主力, 独立歩兵第11連隊の一部

玉津丸・香椎丸

8月 8日 06:00 釜山港出港/17:00 佐賀県伊万里港へ入港・ヒ71船団と合流
8月10日 05:00 伊万里港出港, 一路マニラへ
8月16日 台風を避けるため台湾澎湖島馬公へ寄港
8月17日 馬公を出発

8月19日 04:50 ルソン島沖にて米潜水艦スペードフィッシュの雷撃により玉津丸撃沈・連隊本部,第2大隊など海没(乗員4,820名のうち4,755名戦死)

8月23日 香椎丸 マニラ入港
8月27日 タルラク州サンミゲルへ進駐・演習

ルソン島北部バンギよりルソン沖を望む
ルソン島北部バンギより沖合を望む

【ヒ71船団の編成】

輸送船(将兵35,000名, 軍属など2,600名)

速吸, 旭東丸, 帝洋丸, あづさ丸, 二洋丸, 第2八紘丸, 瑞鳳丸, 永洋丸, 吉備津丸, 玉津丸, 摩耶山丸, 阿波丸, 帝亜丸, 能代丸, 能登丸, 香椎丸, 日昌丸, 北海丸, 鴨緑丸, 伊良湖

護衛艦艇(*:馬公出発時に編入)

空母1隻:大鷹
駆逐艦3隻:藤波, 夕凪,朝風*
海防艦隻9隻:倉橋, 平戸, 御蔵, 昭南, 第11号海防艦, 択捉*, 松輪*, 佐渡*, 日振*

(:避雷によりバシー海峡周辺海域で沈没/:被雷により損傷)


越海丸

8月12日 釜山出港・下関へ寄港し船団編成
8月16日 下関出港:輸送船20数隻, 護衛艦艇8隻
8月22日 台湾高雄へ寄港
8月27日 ルソン島北サンフェルナンドに上陸、陸路で連隊主力へ合流


9月17日 南方軍報道部長 斎藤二郎 大佐が連隊長に着任

海没した連隊本部および第2大隊は、独立歩兵第11,12連隊より抽出された兵により再編成される。

比島転進前後の部隊長

隊号比島転進前比島派遣時
連隊長安尾 正綱 (大佐)海没斎藤 二郎(大佐)
通信隊長恒川 嘉明(中尉)海没片桐 茂(中尉)
歩兵砲隊長土橋 孝幸(中尉)海没尾崎 元彦(大尉)
連隊行李長山田 仁八(中尉)海没米谷 信夫(中尉)
第一大隊長斉藤 勇二(少佐)
第一中隊長友田 武雄(中尉)
第二中隊長八木 俊雄(中尉)
第三中隊村上 忠明(大尉)二村 茂夫(中尉)
第四中隊日内地 照雄(中尉)
第一機関銃中隊長佐方 実郎(中尉)
第二大隊長原井 義敏(大尉)海没栗栖 逸吾(大尉)
第五中隊長山下 雷吾(中尉)海没有泉 正行(大尉)
第六中隊長鈴木 教介(大尉)海没斎藤 (中尉)
第七中隊長太田 満州男(中尉)海没村松 八郎(中尉)
第八中隊長大木 昇(中尉)
第二機関銃中隊長土井 忠臣(大尉)海没酒井 敏彦(中尉)
第三大隊長重松 勲次(少佐)
第九中隊長大浜 松吉(中尉)鈴木 嘉明(中尉)
第十中隊長伊故海 正男(中尉)
第十一中隊長堤 茂樹(中尉)
第十二中隊長山本 利博(中尉)
第三機関銃中隊長酒見 甚助(大尉)大浜 松吉(中尉)

海没:ルソン島沖にて避雷し海没

ルソンからレイテへの輸送・レイテ戦へ続く…

部隊履歴TOP >第26師団 >独立歩兵第13連隊

※ 編集中
※ 誤りなどございましたらお知らせください。

“独立歩兵第13連隊(泉5316) .1 – 比島への転進” への4件のフィードバック

  1. 第26師団(泉兵団)傘下の泉5316部隊(独歩第13聯隊)第3大隊の遺族(長男)です
    レイテ島シラドで 自決した父の遺言により戦後 部隊戦没将兵の慰霊活動をしております
    活動通じて レイテ戦史関連の書籍は 600冊蔵書(私家版を含む)収集
    過去テレビ出演 読売新聞 中日新聞 東京新聞 週刊文春に登場しました
    バシー海峡で海没した玉津丸の悲劇は 作家 門田隆将先生の「慟哭の海峡」でご承知かと思いますが 当時ご健在であった 中嶋秀次さんを紹介し 資料を提供したのは私です
    レイテ決戦の 資料 知識はありますので 皆さんの前で語り部として活動もしてきました
    父が属した部隊のことを 取り上げていただき 心から感謝申し上げます

  2. 昨日投稿の追記です
    昨年 開催された4回目の(潮音寺)バシー海峡戦没者慰霊祭に出席されたのですね
    当日出席されたs氏からビデオ頂いています
    私は5年前の第1回に出席 来賓の方が多く 5分間のみ玉津丸の悲劇を語りました。
    その埋め合わせに続編として翌々日の市内観光のバス2台(移乗)し玉津丸語りの時間を頂きました。
    第1回目の 出席者200名 内150名には玉津丸関連(50p)の資料を配布しています。
    尚 玉津丸乗船の遺族とは(独歩13聯隊を除く)20名程と親交があり 会合もしています

    1. 重松正一 様

      当ウェブサイト管理者の山上と申します。コメントを頂き、ありがとうございます。
      もしかしますと、第三大隊 重松大隊長の御遺族でいらっしゃいますか?

      私は2016年よりレイテ島内の慰霊碑を訪れ、泉兵団について調べていた時に初めてバシー海峡と玉津丸の悲劇について知り、昨年開催されたバシー海峡戦没者慰霊祭へ参加する事に至りました。中嶋秀次さんにつきましても、潮音時の建立に尽力された方と知りました。

      慰霊碑を訪問する以外にも、いづれはレイテ戦に投入された部隊の軌跡を、実際に歩いて追ってみたいと考え調べており、また、ご遺族が慰霊に訪れる際の参考となればと思い、部隊についての記事を書き始めた次第です。間違いがありましたら、ご指摘頂けると幸いです。

      レイテ戦についてお話されている事に、とても興味があります。
      コロナウイルスが流行している現在は難しいと思いますが、流行が収まった後、講演会でお話される際には、ぜひ拝聴したく存じます。

  3. 私は講演など 機会があれば皆さんに申し上げていますが、レイテ決戦の生還者は一般的に 3%と言われておりますが、実際は1%以下の生還者です
    例を申し上げますと第26師団は620名生還となっていますが(大岡昇平のレイテ戦記等)
    実際は27名(一説には21名)です。多号作戦で(第一次から第9次まで)輸送船にて航送途中
    夜間の航送で暗礁に乗り上げたり 米機の攻撃で海没し近くの孤島に漂着上陸、独歩13聯隊では佐方中尉 二村中尉はマスバテ島⇒セブ島で終戦を迎えました。サマール島、マスバテ島
    セブ島等 米軍は以上の島にも上陸し戦闘をしていますが レイテみたいなことは無く泉師団では係る方が500名超存在します。
    どうぞ 今後メールにて書き込みしたいと思います
    メール名を知らせてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です