戦没者慰霊碑巡り
フィリピン レイテ島

 ”太平洋戦争の天王山” と呼ばれ8万人近い戦死者を出したレイテ島の戦い。レイテ島内の慰霊碑および戦跡を巡るためのガイドブック『戦没者慰霊碑巡り フィリピン・レイテ島』を出版致しました。

冊子販売ページ(ネットショップ)

Kindle版


【サンプルページ】

サンプル1
サンプル2
サンプル2

【掲載内容】

■ 慰霊碑・戦跡 計31ヶ所へ行き方
■ レイテ島への行き方
■ 島内の交通機関&バス路線図
■ モデルコース ….など
■ 全69ページ, 約160枚のフルカラー写真を掲載

 初めて渡航される方でも容易に慰霊碑へ訪れることができるよう、地図や写真を多用し解説しています。地元の方に場所を聞く場合も指差しで伝えることができるかと思います。

 また、バスやトライシクルなど公共交通機関を利用した訪問方法も紹介しており、日数や予算に合わせた旅程の計画にご参考ください。

 レイテ島内の慰霊碑は年々数を減らしており、現存する慰霊碑であっても自然災害や土地の開発・または管理状況が十分ではないと判断されると、消失や埋設される可能性は大いにあります。

参考: http://www.nippon-izokukai.jp/category/irei/(日本遺族会ホームページ)

台風により倒壊したリモン峠ブレイクネックリッジにある第一師団の慰霊碑を覆う建屋(後に再建へ)

2019年末撮影

倒壊しており2019年2月に埋設された第二十六師団戦没者慰霊碑

2016年9月撮影

「行きたい」と思っているのであれば、慰霊碑の現存する今のうちに。

そして旅程の計画から訪問まで、本書をご活用ください。

冊子販売ページ(ネットショップ)

Kindle版

「ガイドブック出版致しました。」への4件のフィードバック

  1. 大変な資料の作成に敬意を表します。戦史を学習しているものです。出来ましたら、現地に行きたいのですが、高齢ですので残念ながらあきらめます。

    1. 鈴木 様

       コメントを頂きありがとうございます。レイテ島の様に旅行者の非常に少ない地域への渡航は通常の海外旅行と比べても難しいものがありますね。しかし訪問者の中には、お歳を召されている方も一定数いらっしゃいます。実際に訪れる事のできないこの御時世でも、何かご参考となれば幸いに思います。

      山上

  2. 山上様 
    こんばんわ、はじめまして田野倉です。私の祖父がレイテ島で戦死したと聞いています。遺骨もなく、お墓には、石を入れてあるそうです。偶然早めに帰宅してNHKを拝見して何かの縁だと思いました。先日も靖国神社の本殿にお参りをしたばかりです。祖父や戦死された方の御霊にお参り致しました。私も一度レイテ島に行きたいと思います。
    父は当時5歳前で思い出は無いようです。父にレイテ島の話や冊子を見せて上げたいのですが、どちらで購入できますか・
    お知らせ頂ければ幸いです。

    1. 田野倉 様

      コメントを頂きありがとうございます。御祖父様がレイテ島で亡くなられたのですね。
      戦いの最中で御遺体収容も出来ず、家族の元へ御遺骨すら帰らぬ方も大勢いらっしゃいます。冊子には現在の写真しかありませんが、どの様な場所であるかお見せいただきますと幸いです。

      冊子はこちらから購入できます。
      https://jpwarmem.thebase.in/items/34612135

      よろしくお願い致します。  山上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です