慰霊巡拝に特化したガイドブック
『戦没者慰霊碑巡り』

 昨年のレイテ島編に続き、ルソン島の戦没者慰霊碑や戦跡、資料館を、訪問方法と共に紹介した『戦没者慰霊碑巡り フィリピン・ルソン島』を発売致しました。

 米軍の上陸したリンガエン湾や、激戦の地・バレテ峠=サラクサク峠、神風特攻隊が初出撃したマバラカット飛行場、マニラ軍事裁判で死刑判決となった山下奉文大将の終焉の地、日本政府建立の慰霊碑があるカリラヤ墓苑…など10州50項目を紹介しております。

電子書籍の購入

【サンプルページ】

サンプル1
サンプル2
サンプル3

【掲載内容】

■ 慰霊碑・戦跡・資料館 50項目
■ フルカラー写真180枚程度
■ ルソン島内の移動手段
■ 交通機関の利用方法
■ 慰霊巡拝のモデルルート

 初めてフィリピンを訪れる方にも慰霊碑へ容易に訪れることの出来るよう、地図や写真を多く掲載しております。また、バスやトライシクルなど公共交通機関を利用した訪問方法も紹介しており、日数や予算に合わせた旅程の計画にご参考ください。

 管理が行き届かず放置されている慰霊碑も多くあり、風化による破損や消失、管理者の意向により埋設処理される可能性が大いにあります。

 各地に点在する多くの慰霊碑は、現地の方々のご理解とご好意により管理されていますが、日本からの訪問者がいなくなってしまうと、それらを維持する必要があるでしょうか。

比島寺跡地に残る墓碑

今後も慰霊碑を維持していくには『今』行動が必要です。

 本書によりご遺族・有志の方々が無事 慰霊碑へお参りでき、また若い世代を中心に戦争の史実・かつての戦場にの建つ慰霊碑の存在を知る機会となれば幸いです。

 日本より遠く離れた南の島で亡くなった方々を決して忘れぬよう。

電子書籍の購入

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です