所在:ピンウールィン(メイミョー), ミャンマー軍敷地内/Pyin-Oo-Lwin(Maymyo)
(座標:22°02’39.2″N 96°29’06.0″E)


【 行き方 】

ピンウールィン市内から、バイクタクシーやトュクトュクなど利用し慰霊碑のあるミャンマー軍施設へ向かいます。ゲートには”Defence Services Tecnological Academy”(防衛技術大学)と書かれており、守衛にて入構手続きを行います。

乗り物に乗車したまま慰霊碑まで行くことをお勧めします。
ゲートから慰霊碑まで距離があり、また現地の人に場所を聞きながらでなければたどり着くのも難しい為です。

畑の横を通ります
慰霊碑は畑の中に建てられています

※ ミャンマー軍関連の建物は撮影してはいけません。


【 マンダレーからピンウールィン(メイミョー)への行き方 】

◉シェアタクシー
一般的。所要時間:2~3時間/運賃:500円程度(運行会社によって異なる)
宿泊先のホテルのフロントで予約でき、ピックアップ・送迎付きな為旅行者にお勧め。

◉列車
シェアタクシーよりも非常に安価だが、ネット上に運行情報が少ない。片道6時間以上かかるらしい。

シェアタクシー

【戦没者慰霊碑巡りの旅(ミャンマー)記事】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です