ミッチーナーで1泊し翌2月17日、午前11時の便でヤンゴンへ向け出発しました。

ミッチーナーのバスターミナルは、土地は広いものの閑散としていました。
バス会社の事務所の他、食堂やパン屋があります。

ホテルのフロントでチケットを予約する事が多かったですが、今回は高速バスの予約サイトでチケットを購入しました。マンダレーから乗ってきた、Mandar Min Expressというバス会社をまた利用します。

バスの時刻まで事務所で待っていると、コーヒーのサービスがありました。VIP気分です(笑)
コーヒーを出してくれた人は、前日マンダレーから乗車した便の乗務員。どうやら前日マンダレーから乗車した便も、ヤンゴン-ミッチーナー間のバスだったようです。

バスは定刻に出発しました。ヤンゴンまで26時間の予定ですが、何時間かかるやら…まぁフィリピンでの30時間に比べるとマシでしょう。

ミッチーナーからは、小さな町を通り、山を越えサバンナを走り、
気がつくと日が沈んでいました。

道の駅のような、食堂・売店・トイレのある場所で夕食休憩。
ミャンマーのこういった場所では、沢山の小鉢におかずが盛られてきますが、食べきれません。満腹になるまで食べでも、150円程でした。

翌朝6時半ごろ、起きるとバスターミナルに着いていました。

もうヤンゴンに着いたのか?と思い乗務員に聞くと、
「マンダレーでトイレ休憩」とのことでした。まだマンダレーなんだ…
歯ブラシとおしぼりを受け取り、待合室のお手洗いで顔を洗う。ヤンゴンに着くのはいったい何時になるんだろう…?

マンダレーで降車する人は多いが乗車する人も多く、満席のバスがヤンゴンへ向け出発しました。

マンダレー-ヤンゴン間は道路状況が良く、順調に進んでいき長めの昼食休憩。
どの国でも焼飯は無難です。

結局ヤンゴンへは午後5時ごろに着きました。

この日のうちにバゴーへ向かう予定でしたが、ヤンゴンで1泊することに。前回宿泊した宿へ。

ヤンゴンの市街地は旧正月の飾りが残っていて、夜は鮮やか。今回はぼったくりレストランの客引きに遭遇しませんでした。

帰国間近ですが日本食が食べたくなったので、宿の近くにあるカレー屋へ。
定食や揚げ物もある日本食レストランですがオーナーは中国系のフレンドリーなおじさん、来店した日本人に味の感想を聞いているそう。美味でしたがとても甘口。

翌日は最後の目的地、バゴーへ向かいます。


【最新記事】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です