チェンライから夜行バスでバンコクのバスターミナルに戻って来ました。まだ宿にチェックインもできないので、そのままナコーンナヨックへ向かうことに。

有名な観光地ではないので情報は少なめです。
バスターミナルから1時間に1本運行していたので、待ち時間は少なくて済みました。それでもターミナルをぶらぶらしていると、どこかで見たことある人が…
なんとチェンマイで知り合った日本人と偶然再会!
連絡も取らないのに、別の街でばったり会うことがたまにあるんです。

その方とバスの時刻ギリギリまで話し、出発しました。

ナコーンナヨックで途中下車、小さい街です。

ナコーンナヨックのバスターミナルから、バイクタクシーで慰霊碑のあるワット・プラマニーへ向かいます。
ドライバーに、郊外に綺麗な滝もあると教えてもらったのですが余裕は無いかな。

お寺の敷地内にはマーケットや食堂があり、お参り後に買い物をする人もいます。

慰霊碑は奥の方にあり、自力では見つけることができませんでした。お寺の人が親切にも案内してくれました。

第三十七師団は大陸打通作戦に参加、北京出発し都市を占領しながら仏印を経て、タイまで1万km以上踏破しました。その後対イギリス戦に備えていましたが終戦を迎え、最後まで駐屯していた場所がこのナコーンナヨックでした。

ほとんどの人が名前を聞いたことが無く訪れることもない、
こんな街にも日本人は居たんだなと。そして現地の人が慰霊碑を今でも、綺麗にしてくれてるんだなと。

まだまだ知らない事が多いです。

線香をあげバンコクへの帰路につきました。
次の場所カンチャナブリ、そしてミャンマー行きの準備を。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です