ここではタクロバン空港(DANIEL.Z.ROMUALDEZ AIRPORT)に到着してからの”交通手段”を解説していきます。

※ 2020.1時点の情報です。

空港からの移動手段は、主に3つあります。

◉ 空港タクシー
◉ 一般タクシー
◉ ジプニー

タクロバン空港略図

1. 空港タクシー

上の空港略地図のように、到着口から外へ出るとまず空港タクシーのドライバーに声を掛けられます。台数は限られますが、空港からタクシーで移動するならば上写真のタクシーがベストです。
ダウンタウンまで300ペソと定められており値切りはできませんが、大きくぼったくられる心配もありません。

2. 一般タクシー

フェンスの外へ向かうと、タクシードライバーが声を掛けてきます。車体にはTAXIと書かれておらず、一般車と区別がつきません。
外国人旅行客には相場よりも高い値段を提示してくるため値段交渉をする必要がります。周辺の慰霊碑を巡ろうとチャーターする際の交渉がしやすいですが、タクロバン市内のホテルへ向かう際は空港タクシーの利用をお勧めします。

3. ジプニー

空港からダウンタウンまで15ペソと破格の値段で、比較的荷物が少なく移動費を安く抑えたい方にお勧めします。

到着口から左方向(空港出口)へ約200M向かうとジプニー乗降場があります。ジプニーが待機していない場合が多いが、便数が多い為数分待つと [Tacloban-SanJose-Airport] と書かれたジプニーが来ます。
乗車の際は念のためダウンタウンへ向かうかドライバーに確認します(回送もある為)。
運賃は走行時にドライバー又は出口付近にいる乗務員へ渡します。乗務員へ下車場所を伝えていると降車のタイミングを教えてもらえる事もあります。
ジプニーを停める際は『パラー』と叫ぶ、手すりをコインで叩くといった方法があります。


【空港から慰霊碑巡りへ】

1. タクロバン周辺の慰霊碑へ

時間の限られる日帰りでの近くの慰霊碑巡りでは、まず空港のタクシーを使うことをお勧めします。交渉次第では1日チャーターも可能です。

タクシーをチャーターできなくても、タクロバンやパロの慰霊碑の近くにはトライシクルが待機していることが多く移動には困りません。また、トライシクルも交渉次第でチャーターが可能です。詳細のルートは 慰霊碑巡りのモデルコースをご参考ください。

2. タクロバンから離れた慰霊碑へ

交渉次第で空港のタクシーにリモン峠やブラウエンなどへ向かって貰うことも可能ですが、数千ペソかかります。

レイテ島内の長距離移動はバスや乗合バンが主となります。
バスや乗合バンの発着ターミナルはダウンタウンや郊外に幾つかあり、空港からタクシーまたはジプニーで向かいます。


【関連ページ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です