第二十六師団戦没者慰霊碑

2019.3 第二十六師団戦没者慰霊碑は倒壊していたので、地蔵尊の隣に埋設されました

IMG 4243

レイテ・ビリヤバ
レイテ・ビリヤバ

このシラド地区はレイテ島の戦いの末期から終戦までの間、第二十六師団の自活戦闘地域でした。第二十六師団の生き残りは13778名のうち620名のみといわれています。


所在:ビリヤバ, シラド地区/Villaba, Brgy.Silad (座標:11°13’30.6″N 124°23’44.6″E)


【 行き方 】

タクロバンから →Tacloban New Transport Terminalからビリヤバ/Villaba行きのバンに乗車

参考:タクロバンからレイテ各地へのバス

オルモックから →Ormoc Transport Terminalからビリヤバ/Villaba行きのバス・バンに乗車

参考:オルモックからレイテ各地へのバス

ビリヤバの中心部手前の三叉路にて下車します(地図の場所)。

※ 終点まで行ってしまっても大丈夫です

レイテ・シラド地区、第二十六師団終焉の地

トライシクルやバイクタクシーに乗り換え、シラド地区へ向かいます。
三叉路から北へ向かうと、左側(海側)に写真のようなゲートがあります。
“WELCOME TO BRGY.SILAD”の表記

レイテ、シラド地区

このゲートから入り道なりに進み、
突き当たりのT字交差点を左へ進むと
右側(海側)にバスケットコートがあります。

バスケットコートの奥に民家があり、そのお庭に慰霊碑があります。


フィリピン
->
レイテ -> レイテ島戦没者慰霊碑マップ
->
ルソン・マニラ
->
セブ

行き方の説明の中で不明な点がありましたら、コメント欄もしくはinfo@japan-warmemorial.comまでご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です