工兵碑

レイテ・リモン峠にある工兵碑

鎮魂

1944年此の峠で工兵第一連隊及師団防疫給水部隊が奮戦し大半の将兵が戦没した
英霊よ安らかに眠り給え
祖国の平和に御加護あらんことを

合掌

1983年8月

楊光院勇烈保道清居士


所在:カポーカン, サンジョークン地区/Capoocan, Brgy. San Joaquin (座標:11°15’39.5″N 124°34’05.4″E)


鎮魂(砲一会)の慰霊碑より3KM程度オルモック側へ山道を登ると、工兵第1連隊の碑(工兵碑)があります。

【 行き方 】

タクロバンから
  • “Tacloban New Transport Terminal” からオルモック/Ormocまたはビリヤバ/Villaba行きのバンに乗車
  • “Tacloban Transport Terminal” からオルモック/Ormoc行きのバスに乗車

参考:タクロバンからレイテ各地へのバス

オルモックから
  • “Ormoc City Bus Terminal” からタクロバン/Tacloban行きのバンに乗車
  • “Ormoc Transport Terminal” からタクロバン/Tacloban行きのバスに乗車

参考:オルモックからレイテ各地へのバス

オルモックへ向かって道路の右側にありますが、付近に目印となるものが無い為、オフラインで使用できる地図アプリを頼りに慰霊碑前で下車することをお勧めします。
カーブの内側にあり初めて訪れる際は見落としてしまいます。

工兵碑・リモン峠
工兵碑・リモン峠
写真奥はタクロバン方面


慰霊碑の右側にある家具工房の旦那さんが、慰霊碑を訪れた日本人の帳簿を預かってくれています。2017年は約40名の方々が記帳されていました。

レイテ・工兵碑横の家具工房
レイテ・工兵碑横の家具工房


フィリピン・レイテ・ジャングル
リモン峠周辺

ブレイクネックリッジからこの工兵碑まで、約6KM程度の道のりです。健脚でしたら 鎮魂(砲一会) の慰霊碑も含めかつての激戦地を歩いて行くのも可能ですが、

犬が(野犬含め)道路をうろうろし、側を通ろうとする人に吠え追いかけることがしばしばあります。噛みつかれる事もあり危険ですので、可能な限り乗り物で移動してください。

カポーカン・リモン峠周辺の急坂
カポーカン・リモン峠

リモン峠は現在も、レイテ島の東西を結ぶ要衝として多くのバスやトラックが通っています。その道端でカラバウと呼ばれる水牛やヤギが放飼いされています。


フィリピン
->
レイテ -> レイテ島戦没者慰霊碑マップ
->
ルソン・マニラ
->
セブ

行き方の説明の中で不明な点がありましたら、コメント欄もしくはinfo@japan-warmemorial.comまでご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です