泰緬鉄道に従事し亡くなった方々のため、当時の日本軍が昭和19年に建てた慰霊塔です。

所在:カンチャナブリ/Kanchanaburi(座標:14°02’28.8″N 99°30’19.9″E)


行き方

『戦場にかかる橋』より南方向へ、写真にある路地を進みます。

Jeath Railway Museumを越えてすぐ、右側にあります。


この慰霊碑は 第二次大戦中
泰緬鉄道建設に従事し亡くなられた連合軍ならびに関係の方々の霊を慰めるために
昭和19年2月当時の日本軍によって建てられたものであります。
在タイ日本人有志 毎年3月 亡くなられた方々の霊を慰めるためにここに集まり慰霊祭を行っております。

敷地に入り右側に、記帳するノートや線香・ライターなど収められた箱があり、観光で訪れた方も線香を上げる事が出来ました。また訪れた際には、お志をお納めいただけると幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です