タイ・ビルマ方面戦病歿者追悼の碑

碑文

倶会一処とは 釋尊の給うた言葉であって 共に一つのところに集うという意味を含まれている 大変尊い事である
佛暦二四八四年より佛暦二四八八年までの不幸な出来事によって 尊い命を失った方々が沢山あった事は大変悲しいことである タイ・ビルマ、日本の人々でこの不幸な出来事で命を失った方々の追悼のため ここに追悼之碑を建立することとした 亡くなった方々の深い思いをこれからの人類の上に生かし 再び争いのない平和な世界を実現するよう共に手を携へて努力し 亡くなった方々の心に応へたいと思うものである

発起人一同

第二次世界大戦で戦死した日本兵追悼之碑建立に当り財団法人慧燈財団に対してバーンカード校長セリー・スワンナベッチャ先生は佛暦二五三六年にこれを許可し土地を提供した。

壱万八千名の勇士眠る


所在:チェンマイ県, メーワン群, バンガート ウィタヤコム中高校敷地内/Bankadwitthayakom school, Mae Wang, Chiang Mai
(座標:18°36’33.3″N 98°48’49.7″E)


【 行き方 】

★乗合バス(ソンテウ)に乗って行く場合はこちらのWEBサイトをご参考ください。
★車やバイクで向かう場合はチェンマイ戦没者慰霊祭のWEBサイトもご参考ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です