1月7日から2泊3日でレイテ島西側の慰霊碑巡りへきています。
1日目はタクロバンからリモン峠、そしてオルモックで宿泊のスケジュールです。

 
タクロバンのターミナルからバスで向かいます、リモンまでは40ペソ(100円程度)とお安いです。ブラウエンへ行った時のバスト比べてはるかにいいシートです、エアコンは相変わらずありませんが。
IMG 6824
IMG 6829
 
リモン峠(ブレイクネックリッジ)の頂上にある第一師団の慰霊碑を含め多数あります。2016年の渡航と比べて、慰霊碑を取り囲んでいる建物の扉部分が破損しています。慰霊碑に異常はないように見えます。
IMG 1985
リモン峠頂上付近では、先月の台風で大規模な土砂崩れが発生しました。まだ完全に土砂が撤去されておらず、片側通行のままになっています。道路工事などで片側通行の場所で交通整理を子どもがお手伝いで行っています。合法ではないと思いますが、楽しそうにやっています。
IMG 2022 
IMG 2020
リモン峠の麓はレストランもありバスが停車する場所ですので、小さなお店が並んでいます。今回もここで昼食をいただきました。 
 

鎮魂

砲兵第一聯隊の慰霊碑です。野砲は偵察によって相手の場所が特定できてこそ発揮できるものですが、偵察機もなく数でもアメリカ軍にはるか劣っていました。それでまともに戦えたのであろうか。
IMG 6865

工兵碑

道路や陣地の構築、破壊工作など前線部隊ではないはずですが、工兵第一聯隊690名は全員戦死とされています。もうぐちゃぐちゃですね。
IMG 6900 
慰霊碑のそばにある家具工場では、慰霊碑を訪れた日本人の記帳するノートが保管されていました。記帳されているだけでも2017年に40名以上の 人が訪れていました、思ったよりも多くてびっくりです。
 

コンクリートハウス

IMG 6924
IMG 6932
オルモックの市街地の北側にあるコンクリート製のの建物、オルモックに上陸したアメリカ軍を食い止めるために籠城した場所です。ここはリモン峠へ向かう街道上にあるため、リモン峠の部隊が挟撃されないように死守は必須。激しい砲撃の跡は現在でも残っています。本当に恐ろしい戦闘の跡です。
ここは前回の訪れた時よりも建物が崩れかかっている箇所があり、また大きな地震がきた場合無くなってしまうのではと思います。
今回はタクロバンからバスでの移動でした。普段は外国人と気づかれないのですが、リモン峠の頂上で降りるということで乗務員に日本人と気づかれました。
でもそのおかげで大丈夫か?とか、
前の席の方が降りる場所が見やすくていいんじゃないか、とか
場所になったら止めるから、とか
みんな世話を焼いてくれました。本当にありがたい。
慰霊碑に訪れるたびに日本は平和だなと感じます。(北朝鮮の脅威は話題になりますが)
 平和だからこそ日本が戦争をした時代に興味を持って欲しい。
あと2日慰霊碑を回ります。9日はは玉砕の地カンギポットヘ登ります。

 

慰霊碑に関するお問い合わせは お問合せページ または info@japan-warmemorial.com までご連絡ください。


今回訪れた慰霊碑への行き方